少し前の事です。
Cさん、大好きな猫の柄の布を張って仕上げたかごバッグを前に、どうも納得がいかない様子。
しばらく眺めていましたが何やら紙をちぎり始めました。そして改めて糊のついた刷毛を持ち、指先ほどの大きさにちぎった白い雲竜氏を柄の輪郭に沿って張り重ねました。そして完成したのがこのかごバックです。
なんとも素晴らしい思いつき‼、非常に新鮮な刺激を貰いました。

日記 最後のひと手間