Ⅰさんは、昨年うちわを作った時、「来年は透かし模様のを作ろう」と決めていたそうです。そしてコロナで世の中が足踏みしているけれど早く作らないと暑くなってしまうと、始めました。あちこちから集めた模様を和紙にコピーし、カッターで切り抜き、竹の骨を挟んで白い和紙に張りました。抜いた模様の中に竹が涼し気に透けて見え、大成功です。

日記 こんな「うちわ」もできました