齋藤清ギャラリー オープン

齋藤清ギャラリー オープン

皆さまには既にご覧いただいていますが、ゆいせきやの看板は、大町市在住の画家 齋藤清さんの作品「結(ゆい)」を提供していただいて作りました。...
日台友好のひと時

日台友好のひと時

ゆいせきやの仲間の一人に、20数年前から日本に住んでいる台湾女性がいます。 日本文化をこよなく愛し貪欲に吸収している彼女ですが、まだ和服を着たことがないとのことです。 それを聞いたゆいせきやの仲間が、ちょうど台湾に住む娘さんがお母さんに会うために来日中の今「台湾の母娘に和服を着てもらおう」と思い立ちました。。 和服を用意する人、着付けをする人とみんなの協力でそれが実現したのです。王子神社参拝の後、せっかく着物を着たのだからお茶の世界も楽しんでもらおうよと本格的な茶室でお点前をしてくれる人まで現れました。...
みんな違ってみんないい

みんな違ってみんないい

5人の仲良しグループがみんなで一緒に小さいカゴを張りました。 形こそ同じですがそれぞれの個性が溢れる違った柄のカゴが同時に仕上がりました。...
楽しかった青木湖教室

楽しかった青木湖教室

新型コロナウィルス感染防止のため延期になっていた青木湖教室。 10月9日(日曜日)ようやく開催出来ました。 おばあさん達が一生懸命知恵を出し合って迎えたこの日、友人知人が30名ほど集まって下さり、ほぼ計画通りに美術の勉強と音楽の時間を楽しむことが出来ました。 後日地元の「大糸タイムズ」に掲載され嬉しいような恥ずかしいような・・・...
青木湖教室 はじまりま~す

青木湖教室 はじまりま~す

かつてはスキー客で賑わった青木湖スキー場近くの林の中にステンドグラスで彩られたステキなホールがあります。 その名は「ミューズの家」 宿泊施設の一部として建てられたものですが、スキー場閉鎖の後は殆ど使われることはありませんでした。この眠っていたホールをこのままにしておいては勿体ないと「ゆいせきや」に集まるおばさん仲間が知恵を出し合いました。 そして毎日の生活に潤いを与えてくれるような気楽な勉強会の会場にしようということになりました。 林の中の素晴らしいホールでみんなで一緒に楽しい時間を過ごしませんか       第1回 青木湖教室...
「ゆいせきや」ちょっとバージョンアップ??

「ゆいせきや」ちょっとバージョンアップ??

一閑張りを中心にみんなで物作りを楽しんでいる「ゆいせきや」にちょっとした進歩がありました。 一番人気のカゴバッグには、今まで決まって既製品の持ち手を付けていました。ところが最近、仲間の一人がクラフトバンドを使って握る部分とリングを作り、革とカシメを使って自分の作ったカゴに止め付けたのです。そしてそれを参考にいろいろな材料でカゴに合った持ち手が誕生したのです。既にそれを普通に作っている方には笑われますが、「ゆいせきや」としましては大きな進歩なのです。...
蝶々 いっぱいでした

蝶々 いっぱいでした

8月5日から3日間、ゆいせきや店内は蝶々がいっぱいでした。 正確には標本になった蝶々ですが、その形、色合い❕❕ どうしてこんなにきれいな物が出来たのでしょうと見に来てくださった方は、その素晴らしさに思わず感嘆の声を上げていました。 標本の他に食草のウマノスズクサを食べている生きた幼虫と、更に蛹も展示しました。...
蝶々の標本を展示します

蝶々の標本を展示します

ゆいせきやで知り合った仲間のご主人に熱心なチョウ蒐集家がいます。 先日お宅へお邪魔しジャコウアゲハの羽化の様子や長年採集したチョウの標本を見せて頂きました。 昔のように屋外でもあまり蝶々を見かけなくなった今、その美しい姿や、生態の不思議に魅了されました。 そしてそのたくさんの素晴らしい標本の数々が全て扉の中に入ったままと知り、なんとか夏休みの子ども達に見せてやれないものかと考えました。...
古いうちわ張り替えませんか

古いうちわ張り替えませんか

以前、大町の夏は団扇(うちわ)と扇風機で十分でした。しかし最近、東京ほどではないにしろ連日の酷暑にその事情も変わってきたようです。こんな中でも変わらないのが、手許の1本のうちわです。プラスチックでなくて竹で作られたうちわが送ってくれる風。やっぱり日本の夏にはこれがなくちゃいけません。 広告媒体として広く配布されていた古いうちわがどこかに眠っていませんか? 水にしばらくの間浸けて古い紙を剥がしお好きな紙で張り替えしてみましょう。 夏の間、団扇の張り替えやっています。ご一緒にいかがですか? 料金 500円と材料費200円...
ここでも頑張っています

ここでも頑張っています

ゆいせきやの店舗の横に車が3台ほど駐められる場所があります。 毎年ここには決まってドクダミの花が咲くのです。 花壇ではなく、足の下なのです。 気づかれないまま咲いていますが、ちょっとした1幅の絵の様に見えます。 草丈の小さい頃は「こんな場所で可哀そうに」と思っていましたが、花壇の花に負けずに大きくなりました。...